歌舞伎町・コマ劇場跡地にシネコンホテル 2015年春開業へ

新宿東宝ビルの完成想定図  [拡大する]

新宿東宝ビルの完成想定図 

 東宝は11日、2008年末に相次いで閉館した東京・新宿の新宿プラザ劇場(映画館)、新宿コマ劇場の跡地に、ホテルとシネマコンプレックスを核にした複合ビル「新宿東宝ビル」を新築する再開発計画を発表した。同ビルは地下1階地上31階建て、地上130メートルと近隣の建物の中ではひときわ高く、新宿駅東口の新たなランドマークとなる。2015年春の開業を予定している。

 3階から6階にはシネコン「TOHOシネマズ」が入り、全12スクリーン、約2500席と都内最大級の規模となる。9階から31階には、ワシントンホテルが出店。客室数1030室(シングル855室、ツイン175室)を予定。低層階には飲食店などが入る予定。

 東宝の中川敬専務取締役は、同日、都内で会見を開き、シネコン出店の経緯を「新宿エリアの映画興行規模が急速に回復していること。行政と地域が協力して、安心安全な街づくりを推進する熱意が高まり、歌舞伎町活性化の可能性が生まれてきた」と説明。全スクリーンにデジタルプロジェクターを導入し、映画のみならず、コンサートや演劇、スポーツイベントなどのライブビューイング(生中継上映)などにも積極的に取り組み、「年間100万人の動員を目指したい」と話した。

 新宿区の中山弘子区長も「新宿・歌舞伎町のランドマークとなる施設建設が緒についたことを大変うれしく思います。来て、見て、楽しい『エンターテインメントシティ・歌舞伎町』を実現していきたい」とコメントを寄せた。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について