ケータイ各社、災害時の“パケット通話” ガイドラインを策定

 携帯電話・PHS事業者6社は28日、災害時にパケット通信を利用して通話できる「災害用音声お届けサービス」の共通運用に関するガイドラインを策定したと発表した。

 「災害用音声お届けサービス」は、災害時に音声通信が混みあって電話がかかりにくい場合でも、携帯電話でファイル化した音声をパケット通信で届けることができるシステム。同サービスで音声通信の混雑を緩和させることで、緊急通報などの通信を確保しやすくする狙いがある。

 6社はサービス名称を統一するほか、運用方法について仕様を定め、今後は電気通信事業者協会を仲介として事業者間での相互接続の実現に向けて連携していく。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について