トイレットペーパー、残り2ロールで不安感

■調査結果はこちら

 トイレにはなくてはならないトイレットペーパー。紙がなくなって慌てた経験がある人もいるだろう。トイレタリー製品を販売する「クリーンネットサービス」では、「残り何個で不安になる?」など、トイレットペーパーについて様々な調査を行なった。

 まず「トイレットペーパーの端を三角に折る?」という質問では【折らない】が80.6%、【折る】は3.5%、【外出先では折る】が15.9%という結果に。大半が【折らないと】と回答。【折らない】について性別で見てみると、女性の73.6%に比べ、男性は92.3%と、ほとんどの人が折っていないことがわかった。その理由は、不必要にトイレットペーパーに触ると、次に使用する人に不衛生な感を与えてしまうという「かえってマナー違反」といった考えもある。

 次の質問は「使っているトイレットペーパーはダブル?シングル?」というもの。【ダブル】と回答した方は55.3%、【シングル】は43.7%であり、大きな差はなく、肌触りの好みの問題といったところか。ちなみに【わからない】は1.0%で、少数ながらこだわっていない人もいるようだ。

 続いて「香り付き? 香りなし?」については、【香り付き】が23.0%、【香りなし】が76.2%。【香りなし】が圧倒的に多いが、もしかしたら香り付きのペーパーだと気づいてない人もいるかもしれない?

 トイレットペーパーが残り少なくなってくると、買い足し時期も気になるところ。「残り何個で不安になる?」という質問で、最も多かったのは【2ロール】で34.5%。続いて【3ロール】の22.1%となっている。不安になるという全体の平均残り個数は3.26ロールで、残り4ロールを切ったら買い足しと考える人が多いようだ。

※調査対象:全国の8〜79歳(平均年齢36.64歳)のトイレットペーパー使用者、3,242人。
男女比:女性79.1%、男性20.9%。
調査期間:2007年4〜5月


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について