ゆうこりん“こりん星ネタ限界”発言を撤回 「いけるところまで頑張りたい」

小倉優子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

小倉優子 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントの小倉優子が27日、都内で行われた『旅の指さし会話帳』のシリーズ累計300万部突破記念イベントに出席。先月、別イベントに登場した際、“こりん星”のネタ枯れをぼやき、その限界をほのめかしていた小倉だが、この日同作の“こりん星語バージョン”がお披露目されると「嬉しい! (こりん星ネタは)全然封印しない。いけるところまでこりん星で頑張りたい」と語り、さらなる意欲をうかがわせた。

 イラストと話したい単語を指差すだけで、海外でも簡単に外国語のコミュニケーションが楽しめる旅のガイドブックシリーズとして人気の同作。1998年にタイ語(書籍版)を発売以来、現在世界70以上の国と地域を発売し、「i Pod版」や「ニンテンドーDS版」などシリーズ合計364アイテムが揃っている。小倉とともにイベントに参加した宇多田ヒカルのモノマネで人気のタレント・ミラクルひかるは「今日はゆうこりん(のモノマネ)を覚える。こりん星に行きたい」と “こりん星語”に挑戦。

 “こりん星ネタ限界”発言を撤回し、「もういいよって思っている人も多いと思うけど、もうちょっと頑張りたい」と語った小倉は、会場で特別冊子として当日限定配布された同作“こりん星語バージョン”について「ぜひ(完全版で)出してほしい。また新しくこりん星語を考えます」と前向き。最後の商品アピールでは“こりん星語”を使い忘れてしまう一幕もあったが、「皆さんぜひ見てりんこ♪」とやり直して笑いを誘っていた。


 小倉優子

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について