48年の歴史に幕、多摩テック本日閉園〜最大3時間待ちの“最後の賑わい”も

閉園を惜しむファンが押し寄せ、長蛇の列ができる多摩テック正面入口  [拡大する]

閉園を惜しむファンが押し寄せ、長蛇の列ができる多摩テック正面入口 

■その他の写真ニュースはこちら

 東京都日野市のレジャー施設・多摩テックは30日、48年の歴史に幕を下ろす。閉園を惜しむ人々により来場者が増え続けている同園は、8月中旬以降はアトラクションの待ち時間が平均1時間、人気の乗り物になると最大3時間待ちという、“最後の賑わい”を見せている。同園は本日15時よりさまざまなグランドフィナーレ企画を行い、午後7時に営業を終了する。

 9月いっぱいで閉園することが告知されて以来、客足が延びている多摩テックは、お盆時期には前年比1.7倍の来場者が訪れ、以降も「乗り放題パスポートをお買い求めいただいても数回しか乗れないこともある」と、来場者に注意を促すほどの盛況ぶりをみせる。最後の営業となる30日は、同園の歴史を体感できる乗り物展示、パネル展のほか、ステージショーやバルーン配布、同園にゆかりのある人々による演奏・パフォーマンスショーなどを実施。手作り感溢れる数々のイベントを行い、来園者に最後の別れを告げる。

 同園は1961年10月、バイクが自由に走れる広場「オートゲレンデ」として開園。その後、ホンダのエンジンが付いたオリジナルアトラクションを導入し、“乗り物遊園地”として親子2代、3代に渡り愛され続けてきた。1997年には「天然温泉クア・ガーデン」をオープンさせたが、2000年代には少子化の影響もあり客足は年々減少。今年2月に閉園を発表した。

オリコン顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について