堀北真希、英セリフ初挑戦に 「台本横書きでビックリ」

堀北真希(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

堀北真希(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の堀北真希が11日、都内で行われた主演映画『誰かが私にキスをした』の公開決定会見にハンス・カノーザ監督と共に出席。本編の約4割が英語による会話で、初めて英セリフに挑戦した堀北は「台本が初めて横書きでビックリした。単語に意味があるものなので、どの単語に意味(感情)を込めるのかが難しかった」と意欲作を振り返る。そんな堀北に太鼓判を押すハンス監督は「世界中の人にも見てもらいたい」とハリウッド進出への思いを明かした。

 米映画『カンバセーションズ』でメガホンを取ったハンス監督の最新作となる同作は、インターナショナルスクールに通う女子高生ナオミ(堀北)が突然4年分の記憶を失うことから繰り広げられるラブストーリー。共演に俳優の松山ケンイチNEWS手越祐也、米俳優のアントン・イェルティンが集い、ナオミ演じる堀北と“四角関係”を展開する。

 実際に日本のインターナショナルスクールで撮影するなど、初体験が多かったという堀北は「今までに経験したものとは違う角度から眺めたり、感じた作品だった。挑戦の毎日でした」。またそれぞれ性格が異なる3人の男性との恋愛を、自身に置き換え「(3人で)彼氏にするなら? 明るくてわかりやすい、アントンがやったエースかな」と、海を越えての交際にも関心を示した。

 ハンス監督は堀北の起用に「国際的なスターになれると思った」とキッパリ。現時点では日本での配給しか決まっていないが、「世界中に見てもらいたい。世界的にアピールできる女優さんです」とベタ褒めだった。

 映画『誰かが私にキスをした』は2010年3月より公開される。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について