学生時代に描いた将来像、「実現できていない」が過半数

■思い描いた将来像と今の自分、意識調査結果


 昨年の流行語大賞で「時代を明るくした言葉」という理由で選ばれた“アラフォー”。活力に満ちた世代であり、同時に今までの人生を少し振り返ってみたくなる、そんな世代といえるのかもしれない。オリコンでは全国の30代、40代の男女を対象に「学生時代に目標にした将来像」についてアンケートを実施したところ、【(今の自分は)目標とした将来像になっていない】という意見が51.2%にものぼり、過半数を占める結果となった。

 学生時代に描いた“将来像”と異なっている点については、1位に【仕事】、2位【収入】が挙がり、「学生の頃はキャビンアテンダントに憧れていた」(埼玉県/40代/女性)と希望の職種につけなかったことや、「もっと大金持ちになっているかと思った」(東京都/40代/男性)と憂いの声が多く届いた。

 また3位には【結婚相手】が挙がり、「笑いとしゃべりのたえない家庭のはずが倦怠期の老夫婦のよう…」(兵庫県/30代/女性)という既婚者の嘆き、また、「もう結婚している予定だったが、まだ独身」(兵庫県/30代/男性)、「結婚相手ってなかなか見つからないな〜って思う」(愛知県/30代/女性)と、独身組からも“こんなはずじゃなかった”というため息が漏れた。

 しかし、今の自分に対して気持ちが沈んでばかりというわけではない。「いまも理想に近づくために努力をしているか?」という設問では、【時間があれば努力したい】が28.8%、【理想に近づくために努力をしている】が26.3%と、意欲的な声が過半数を上回る結果に。そのきっかけとして、映画やテレビドラマ、さらに同世代のスポーツ選手たちの活躍に心を動かされた人が多い様子。学生から社会人になり、さまざまな経験をした今だからこそ、昔の自分よりもさらに最短距離での“理想の自分像”に近づく努力をしているといえそうだ。

【調査概要】
調査時期: 9月18日(金)〜9月24日(木)
調査対象: 自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の30代、40代の男女、各100サンプル、合計400サンプル
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

>>■30代、40代に聞いた「理想」と「現実」のギャップは?


■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について