あす開幕『ドラクエ展』詳細公開 堀井雄二氏「勇者だった頃を思い出して」

テレビゲーム史上初の本格的展覧会『ドラゴンクエスト展』館内の様子 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

テレビゲーム史上初の本格的展覧会『ドラゴンクエスト展』館内の様子 (C)ORICON DD inc.

 シリーズ誕生25周年を記念したテレビゲーム史上初の本格的展覧会『ドラゴンクエスト展』(10月8日〜2011年12月4日 東京・六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー)が7日、公開された。館内は体験型コーナー、資料コーナー、新作紹介コーナーの“全3章”で構成。オープニングセレモニーに出席した“ドラクエ生みの親”堀井雄二氏は「友達とレベルや武器の話で盛り上がった、勇者だったあの頃を思い出してもらえたら」と笑顔を見せた。

 会場入口ではのテーマ曲が流れ、そのまま歩みを進めると第1章「伝説の冒険」コーナーへ。ダーマの神殿で戦士・武闘家・魔法使い・僧侶の中から自分の職業を選択して“冒険の書”を入手。フィールドに隠された謎解きを進めながらシリーズの歴史をたどる「勇者の大地」を抜けると「竜王の城」へたどり着き、実物大の竜王と対戦する。来館者自身が“冒険者”となってゲームの世界を体感することができる点が特長だ。

 第2章「導かれし記憶」は堀井氏による直筆の企画書や初期資料、鳥山明氏のキャラクター原画、すぎやまこういち氏の楽譜などが閲覧できる資料コーナーが中心。今となっては入手不可能な歴代のオフィシャルグッズも展示されているほか、初代から最新作までの同シリーズを楽しめる試遊コーナーも用意されており、懐かしい思い出に浸ることができる。

 第3章「新たなる旅立ち」は2012年発売予定のシリーズ最新作『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』の世界観やキャラクターを紹介。また、第1章で謎解きを行った“冒険の書”を使い“秘密のことば”を入手すると、オリジナルの缶バッヂ「勇者の証」を手に入れることができる。

 そのほか、会場先行販売グッズも多数展開された「どうぐや(ショップ)」、ゲーム内に登場するモンスターや呪文などをモチーフにしたユーモラスなフード・ドリンク類を楽しむことができるレストラン「ルイーダの酒場」も展開する。

誕生25周年『ドラゴンクエスト展』チケット発売情報

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について