天才子役フレディ・ハイモア、キスシーンは「グッドだと思う」

■その他の写真はこちら

 リュック・べッソン監督最新作『アーサーとミニモイの不思議な国』の来日記者会見が9月6日(木)に都内で行われ、主演フレディ・ハイモアがキスシーンについて語った。

 大ヒット作『チャーリーとチョコレート工場』や『ネバーランド』でジョニー・デップと共演し、その存在感をみせた天才子役のハイモアは「もし自分が体長2ミリのミニモイ族になったら?」という質問に「いつもとは違う視点で世の中を見れるのは楽しい」と少し大人びたコメントをしたが「アーサーみたいに冒険したい!」と無邪気な一面も見せた。

 また、本作のアニメ部分でアーサーがキスをするシーンについて聞かれると「アフレコを1人で録音しただけなので考えてやりました」とニッコリ。実際に自分がキスシーンを演じる時が来たら「その時その時で楽しみですが、グッドだと思います」とドッキリ発言をし会場を沸かせていた。

 実写と3Dアニメーションを融合させた映画『アーサーとミニモイの不思議な国』は9月22日(土)より全国公開。

■著名人がお気に入りの作品をレコメンド⇒『映画・DVDナビ』
■無料動画⇒最新映画予告編

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について