「地獄の1年だった・・・」ブリトニー、完全復活なるか?

■最新写真ニュース一覧はこちら

 最新アルバム『CIRCUS』を3日にリリースしたばかりのブリトニー・スピアーズが、今年を「地獄の1年だったわ」と米雑誌「Glamour」1月号で振り返った。しかし、現在は混沌とした日々から心と体の健康を取り戻したようで、完全復活に向けての意気込みもうかがわせている。

 ブリトニーはこの5年の間に、2度の結婚に失敗し、親権養育権争いや、さらには病院に入退院を繰り返しリハビリ生活を送るなど、ファンの心を痛め続けた。特に「復活の見込みはないだろう」とまで囁かれた2008年は、躁鬱症の噂も出ており、父親による無期限の保護観察下に置かれるという判決も記憶に新しい。

 そんな1年をブリトニーは「今年は全体的に私にとって地獄の1年だったわ」と振り返る。さらに復活についても、「私、今まで何回も復活してきたでしょ。みんな“また復活?”みたいに思っていると思うわ。私にとってもう冗談みたいなものよ」と自虐的に皮肉った。

 しかし、そんな中でも転機となったのが今年の『MTVビデオ・ミュージック・アワード』だという。グランプリを含め3つの賞を受賞したことにブリトニーは「あの3つの賞を受賞したとき、観客が私のために立ち上がってくれたの。その光景が私にどれだけ愛が溢れているかって教えてくれたのよ」と明かす。

 全米でのアルバム発売日である2日は自身にとって27歳の誕生日となった。この『CIRCUS』をブリトニーは次のように語る。「(このアルバムのレコーディングは)私にとってはセラピーだったわ。私が皆に私のことを話しているの。ただ何かについての歌を歌っているんじゃなくてね」。

 そして私生活に対しても抱負を語った。「5年以内に、結婚していたいわ。そして、子供たちのために父親が欲しい。その人は、与えることを惜しまずに安定している人。私1人でするのは大変だもの」。今度こそ“真の”復活となるか、2009年のブリトニーに注目である。(たさいちやこ)


 ブリトニー・スピアーズ



オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について