オダギリジョー、ブラジルロケは実益優先だった!?

オダギリジョー  [拡大する]

オダギリジョー 

■その他の写真ニュースはこちら

 オールブラジルロケを敢行した中国・香港・ブラジル・日本の合作映画『プラスティック・シティ』(3月14日公開)の記者会見が3日(火)、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われ、俳優のオダギリジョーと香港俳優のアンソニー・ウォンが出席した。主演のオダギリは「日本の真反対の国へは仕事でもない限り行かない。飛行機に乗る時間も長いし、いい経験になればと思って」とおどけて出演理由を明かした。

 捨て子のキリン(オダギリ)は、アマゾンで生活していたアジア系ブラジル人のユダ(ウォン)に幼い頃から育てられ闇稼業で生活していたが、ユダの命が狙われたことから生活が一変する。2人の男が裏社会を生き抜く様を描く。ウォンとの共演にオダギリは「役者としては力強く引っ張ってくれるタイプ。現場の空気も変えられる方で、引き締まって撮影できましたね」と感想を話した。

 その直後、オダギリは「内緒なんですが…」と切り出し「彼は今日、カツラを被っているんです!」とまさかのカミングアウト。会見場は一瞬、静寂に包まれたがすぐウォンが「日本で買いました。日本のカツラは世界一〜!」と絶賛すると大爆笑がわき起こった。これにはオダギリも「本気なのか、冗談なのかよくわかりませんね」と苦笑いしつつも茶目っ気たっぷりな共演者の言動に笑みを浮かべていた。

 また会見終了後、一部マスコミから妻で女優・香椎由宇との近況を尋ねられると一瞬、驚いた表情をみせ、無言のまま立ち去った。


 JOE ODAGIRI

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について