ETC休日特別割引 5割以上が「より遠くへ」


■調査結果はこちら

 モバイルをメインとしたインターネットリサーチ事業を展開するORIMOは、10代〜60代の男女を対象にゴールデンウィークの行動と経済対策の影響について消費者の意識調査をモバイルリサーチとして実施。高速道路の利用についての質問では、約4割の人が「1,000円高速」だから高速道路を利用する予定にしたと回答した。「1,000円高速」になったことで、高速道路を利用する移動距離についての質問には半数以上が【長くなる】(56.0%)と答えていることがわかった。

 この質問で【長くなる】と回答した人のうち、乗り降りするインターチェンジ(IC)について尋ねたところ、【目的ICを遠くした】(80.0%)、【出発ICを近くした】(20.0%)とそれぞれ回答。2割の人がより近場のICから高速道路に乗っているという結果となり、これまで高速道路料金を節約するために一般道路で距離を稼いでから高速道路に乗っていたような人などが、今回の「1,000円高速」でそれをしなくなっている傾向にあることもうかがえた。

(株式会社ORIMOが2009年4月10日〜4月20日の11日間、10代〜60代の男女に対してモバイルリサーチを実施し、計402名(男性194名、女性208名)の回答を集計したもの)



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について