JR東日本グループ、12月下旬から “街ナカ”に「Suica自販機」を順次導入

■その他の写真ニュースはこちら

 JR東日本駅構内の清涼飲料の仕入・卸事業、自動販売機事業を展開するJR東日本ウォータービジネス社は8日、現在“駅ナカ”を中心に展開している「Suica」が使える自動販売機を“街ナカ”にも拡大すると発表した。12月下旬より首都圏エリアから順次導入を開始する。

 同社は「Suicaを活用した新たな仕組み」として、電子マネーでの決済のほか時間帯ごとの売れ筋商品を把握するマーケティング機能、離れた場所でも在庫管理ができる在庫管理確認機能を搭載した「電子マネー自販機プラットフォーム」を開発。同システムを搭載した自動販売機をアサヒ飲料、伊藤園、大塚製薬、キリンビバレッジ、サントリーフーズなど各飲料メーカーに導入し、利用者の拡大を広げる。 v  なお、同社によると、駅構内にある「Suica自販機」は現在約5500台で、Suicaによる決済率は平均で40%弱へと上昇している。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について