低価格衣料商戦、ジーンズの次は“下着”? 〜各社より機能性インナー続々

ユニクロが2月に発売した姿勢サポート機能付きの下着『スタイルアップインナー』 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

ユニクロが2月に発売した姿勢サポート機能付きの下着『スタイルアップインナー』 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 2009年は1000円を下回るジーンズが相次いで発売され消費者の関心を集めたが、低価格衣料品で次に注目されそうなのは、“下着”になりそうだ。ユニクロが今月4日に姿勢サポート機能付きの「スタイルアップインナー」(1000円)の発売を発表すると、イオンはその13日後、昨年9月より販売を行っている体型補正インナー『トップバリュ ベスト スタイル』(980円・1480円)の展開強化を発表して商品をアピールした。また、総合スーパー各社は相次いで夏用の機能性下着をプライベートブランドで発売。昨年冬はユニクロの『ヒートテック』シリーズのヒットを受けて各社から低価格な保温性インナーが発売されたが、この春夏も“価格”と“機能”で各社がしのぎを削る展開となっている。

 キャミソール、ショーツの2アイテムを展開しているユニクロの『スタイルアップインナー』は素材の編み地を変化させてバストライン、腰回り、ヒップラインをすっきりと見せるほか、正しい姿勢を意識させる商品。1枚1000円という手頃な価格と、従来の補正下着のような圧迫感がなく日常的に使える点が受け、現在品薄状態となるほどのヒット。対するイオンの『トップバリュ ベスト スタイル』は日常遣いが可能なベーシックラインと高い補正力を持つ高機能ラインの2種類を用意。原材料の調達や物流などでグループ会社のインフラを活用し、低価格を実現している。

 そのほか、イオンは汗ジミを目立ちにくくした女性向けインナー『夏技(ナツワザ)』(980円)を新たに発売しているほか、セブン&アイ・ホールディングスグループのイトーヨーカドーは吸汗速乾機能を備えた『パワークール』(680円〜)を、西友は優れた吸放湿性と快適な着心地が特長の「エコサラ」(女性用880円・紳士用770円)を発売するなど、低価格な“汗対策インナー”にも力を入れ、ポップなネーミングとともに消費者に訴求していく。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について