恋人と「ラブラブ」山本モナ、舞台女優デビューを明かし「新しいことにチャレンジしたい」

山本モナ(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

山本モナ(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントの山本モナが17日、東京・丸の内ピカデリーで行われた映画『NINE』完成披露試写会のレッドカーペットイベントに出席した。山本は“師匠”ともいえる同じ所属事務所の北野武がフランス政府から最高位の勲章コマンドゥールを受賞してから「まだお会いしていないの、おめでとうと伝えたい」と話し、半ば冗談で北野が心配していた“浮気”については「ラブラブです。痴話げんかくらいはしますけど」と左手の薬指には今日も指輪がキラリ。さらに「夏にお芝居に出ることが決まって、新しいことにチャレンジしていきたい気分です」と、恋も仕事も順調な余裕を漂わせていた。

 同作はブロードウェイ・ミュージカル『NINE』を、劇場映画『シカゴ』『SAYURI』を手がけたロブ・マーシャル監督が豪華キャストを揃えて映画化した作品。スランプに落ちた映画監督の主人公グイドと、彼を取り巻く8人の女性たちのドラマで、グイド役はオスカーを2度受賞している名優ダニエル・デイ=ルイス。そして、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレンら歴代オスカー受賞者、ケイト・ハドソン、ファーギーことステイシー・ファーガソンら豪華なキャストが話題を呼んだ。

 完成披露試写会には、1983年に日本で上演したミュージカル『NINE』に出演した細川俊之、MIEも来場し「私が演じたクラウディアの役をニコール・キッドマンが演じているなんて。どんな風に演じているのかしら」(MIE)と興奮気味に話した。マーシャル監督の作品『SAYURI』(2005年)に出演した桃井かおりもドルチェ&ガッパーナの衣装で来場し、「監督から次は踊るよと聞いていたが、映画が出来上がっているってことは私は出ないってことなのね。監督はいつも口で言うだけなのよね」と“国際派”女優の貫禄を見せていた。

 そのほか、会場には女優の萬田久子、純名里沙、木の実ナナ、東ちづる、石原真理、モデルの吉川ひなの、前田典子、弁護士の八代英輝、ファッションデザイナーのドン小西、ファッションプロデューサーの植松晃士ら多数の著名人が劇場に訪れた。

 映画『NINE/ナイン』は3月19日(金)より全国公開。

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆「映画」関連インタビュー バックナンバー Vol.1Vol.2
取れたて情報満載! 「映画」関連ニュース一覧

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について