和田アキ子、相撲界に苦言「膿出し切ればいい」

和田アキ子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

和田アキ子 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 歌手の和田アキ子がパチンコホール経営『マルハン』の新CMキャラクターに起用され17日、都内で行われた発表会見に出席。サッカーW杯日本代表のユニフォームを着て現れた“芸能界のご意見番”和田は、野球賭博などに揺れる相撲界に対して報道陣から意見を求められ「膿(うみ)を出し切っちゃえばいい。野球賭博や薬、人まで亡くなっているし、国技であってはならないこと。もう1回見直していただきたい」と苦言を呈した。

 今でも「週3回は行ってる」と自他共に認めるパチンコ好きの和田は、イメージキャラクター就任に「適役でしょ。あと1年遅かったら作ってたよ、“ワダハン”を」と上機嫌。実際に東京・渋谷にある同店を「変装、男になって行ってきましたよ」としっかりと下調べ済みで「身近にできる遊戯として、あと、家族や女性も安心して遊べるテーマパーク的なイメージができればいいな」と期待を込めた。

 「“7が付く日”だけじゃなくて“アッコの日”も!(関係者に)話してみましょう」と不適な笑みを浮かべるなど、終始口滑らかな和田は、相撲界に「これが芸能界だったらもう無理ですよ」と苦言。「真面目にやってる人もいるでしょうし、ファンの方にも申し訳ないでしょう」と眉間にしわを寄せながら語っていた。

 明日から放送される新CMは、初代同CMキャラクターの元プロレスラー・アントニオ猪木と和田が継承式を行う内容で、お互いに「ダー!」「ハー!」の掛け合いを展開している。収録時、和田は猪木の“闘魂注入”ビンタを受ける覚悟があったといい「バトンタッチも含めて、画的に面白いかと思った。でも、猪木さんが『できません』とおっしゃったので、しょうがない。やられたら、やり返してましたけどね」とぶっちゃけ、笑いを誘っていた。


 和田アキ子

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について