世界初の技術! 「ミドリムシ入りバイオ燃料」を使った車登場

ミドリムシの油が入ったバイオ燃料『ユーグレナバイオオイル』を使用した車 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

ミドリムシの油が入ったバイオ燃料『ユーグレナバイオオイル』を使用した車 (C)ORICON DD inc.

 理科の授業中、顕微鏡で見たこともある人も多いであろう微生藻類・ミドリムシ(学術名ユーグレナ)の油を抽出して作った燃料『ユーグレナバイオオイル』を使って走る車が24日、報道陣にお披露目された。

 このバイオオイルを作ったのは東大発のベンチャー企業・ユーグレナ社。ミドリムシは光合成によって二酸化炭素を吸収して成長するため二酸化炭素削減に一役買うほか、燃料にできればトウモロコシやサトウキビなどと異なり食料価格を混乱させることもないため“次世代のバイオ燃料”として同社は研究を続けている。

 使用されているミドリムシは同社が石垣島で大量に培養したもの。現在は法律の問題もあり、車に入れているのはミドリムシオイルと植物原料のオイルで作ったバイオ燃料と軽油を混合したものだが、「近い将来には、ジェット機の燃料としても使用が期待されている」(同社)という。

 ミドリムシ入りバイオ燃料を使って走る車は5月19日より毎週土曜日、東京・目黒区の自由が丘にて展開される移動販売車「ユーグレナ・ファーム」にて利用される。


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。