車売却時に車検やローン残債がある場合の手続き

  • 車売却時に車検やローン残債がある場合の手続き

 ローンが残っている車や車検が切れた(切れそうな)車。こうした車は売ることができるの?と思っている人も多いのではないでしょうか。ここでは、その疑問に答えます。

ローンが残っている場合

 まだローンが残っているのに、別の車が欲しくなった、ローンが残っているけれど不要になったので売却したい人もいるでしょう。ローンが残っている場合に確認しなければならないのが車検証に書かれている「所有者」です。所有者欄に、あなたの名前が書かれている場合は、車を売る権利はあなたにあるので、ローン中でも売却は可能です。家族名義の場合も同様で、所有者の同意を得られれば売ることができます。ただし、ローンの返済は続いているので注意しましょう。

 ローンの名義がディーラーになっている場合、車の権利はディーラーにあるため、問い合わせる必要があります。名義をディーラーのままにするメリットは、同じディーラーから購入する場合に手続きが多少簡単になるというだけなので、ディーラーとは別の業者に買い取りを依頼する場合は、すぐに書き換えてしまいましょう。

 名義がローン会社やクレジット会社にある場合は、注意が必要です。この場合、車の所有権があなたに無いため、自由に売却することができません。ローンを完済して所有者を自分にする必要があります。

 ただし、名義がローン会社やクレジット会社にあったとしても、買い取り店がローン返済に対応している場合は売却できる可能性があります。買い取り額がローン残債よりも上回っている場合は、買い取り金で一括返済してから、残った金額が支払われます。買い取り額がローン残債を下回った場合、買い取り店によっては不足分をローンで支払うこともできるようです。

車検が切れている(切れそうな)場合

車検が切れてしまうと公道を走れなくなってしまうので、買い取り業者は車を移動させる場合、レッカー車で輸送するか、臨時運行許可証(いわゆる仮ナンバー)を取得する必要があります。車検が残っているA車と、車検が切れているB車があり、その他の条件が全く同じだった場合、査定金額はA車のほうが手間のかからないため高くなります。

 しかし、売却前に無理して車検を通す必要はありません。確かに車検を通せば多少は査定金額が高くなるでしょう。ただし、その差額が車検にかかる金額を上回ることはほぼありません。買い取り価格が3万円高くなったとしても、整備に5万円かかってしまったら本末転倒です。

 買い取り業者は安い業者価格で車検を通せますが、売却側は消費者価格で車検を通すことになります。車検期間が残っているのに越したことはありませんが、買い取り業者の手間を肩代わりするメリットは、ほとんどありません。
 以上、疑問ははれましたでしょうか。上記のことを踏まえて、車売却の際には十分気をつけるようにしましょう。