ブーツ女性の足はニオイ菌増加率が男性の5倍以上 シービック調査

ニオイ菌増加率、ブーツ&ストッキングの女性、革靴&靴下の男性の比較(データ出典:シービック) [拡大する]

ニオイ菌増加率、ブーツ&ストッキングの女性、革靴&靴下の男性の比較(データ出典:シービック)

 ブーツを取り入れたオシャレが楽しい季節だが、ブーツ&ストッキングを履いた女性の足は、革靴&靴下の男性の足よりニオイ菌の増加率が5倍以上高いことが、制汗デオドラント剤『デオナチュレ』シリーズを展開しているシービックの調査でわかった。同社は「密閉性の高いブーツを履くことで内部の湿度が高くなり、ニオイ菌が繁殖することが理由と考えられる」と分析している。

 同調査は男女が終日靴を履き、午前10時と午後5時30分に被験者の足指の間から雑菌を採取して培養。午前中と午後のニオイ菌がどれだけ増殖しているかを確かめた。

 すると、革靴&靴下の男性のニオイ菌は、午前・午後を比べると4倍増だったのに対し、ブーツ&ストッキングの女性は23倍にまで増殖。密閉されたブーツの中の湿度は、午前中が68%だったのに対し、夕方には96%まで上昇していたという。

 足の裏には汗腺が集中しているため汗をかきやすく、はがれおちた古い角質や皮脂腺などが混じりニオイが発生しやすくなってしまうもの。居酒屋のお座敷や友人・恋人の家などで靴を脱ぐ時によぎる不安を少しでも解消するための“ニオイ対策”について、体臭・多汗研究所の所長である五味クリニックの五味常明院長は「足や爪を清潔に保つのがニオイケアの基本です。足の汗は天然成分のミョウバンを使った制汗剤で抑え、1日に何回かは靴を脱いでムレを防いでください」とコメント。

 また、『デオナチュレ』マーケティングマネージャーである同社の西村さんは「ニオイの発生源、足指の間と足指の裏にもぬるのがポイントです。汗をかいたりニオイが発生する前、お出かけ前にお使いください。」とアドバイスを寄せている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について