2023年04月27日 17時00分

ネット証券 顧客満足度ランキング 1位は「SBI証券」 利用実態調査も発表

顧客満足度の高いネット証券とは?(画像はイメージ) [拡大する]

顧客満足度の高いネット証券とは?(画像はイメージ)

 顧客満足度調査を実施する株式会社oricon MEが1月に発表した「2023年 オリコン顧客満足度調査 ネット証券ランキング」では、【SBI証券(株式会社SBI証券 本社:東京都港区)】が総合1位を獲得。2位には【楽天証券(楽天証券株式会社 本社:東京都港区)】、3位には【松井証券(松井証券株式会社 本社:東京都千代田区)】がランクインした。  

 『ネット証券』は、2006年の調査開始以来今回で17回目。証券会社で投資商品をインターネット経由で運用しており、かつ過去3年以内に年1回以上取引を行い、主に国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプションのいずれかの投資商品を取引している全国の男女13,730人に調査を行った。

 総合1位の【SBI証券】は、2020年以来の1位獲得で、通算では14度目(※)。また、全9つの評価項目のうち「取扱商品」「資産管理」「システムの安定性」の3項目でも1位となっており、特に“投資できる商品の種類”などを評価する「取扱商品」は、2015年から8年連続(2017年は発表なし)の1位に。そのほか、投資スタイル別「デイトレード」「スイングトレード」「中・長期トレード」の全3部門、運用商品別「国内株式」、デバイス別「PC」、サポート別「コールセンター」でも1位を獲得している。

※総合1位は2006年、2008〜2014年度、2015〜2020年で獲得(2017年は発表なし)

 実際の利用者からは、「SBI銀行の方も利用しているので、資金の移動などが楽なところ。米ドル自動入金サービスは欲しいと思っていたので、すごくうれしかった。(30代・女性)」「開設までの手順に不明確な点が皆無だった気がする。またツールの使い勝手も不都合を感じない点(50代・男性)」といったコメントが良い点として寄せられている。

 2位の【楽天証券】は、評価項目「口座開設・特典」「取引のしやすさ」「分析ツール」「情報提供」の4項目と、運用商品別「外国株式」、デバイス別「スマートフォン」「アプリ」、レベル別「初心者」でも1位に。3位の【松井証券】は、評価項目「問い合わせ」が1位のほか、レベル別「初心者」では楽天証券と並んで同率1位となっている。

■利用実態調査を発表 
 4月21日には、投資を始めたきっかけやFIRE(※)について調査した「利用実態調査」を発表。「投資を始めたきっかけ」では、「資金を有効に運用するため」が64.3%と最多に。次いで「老後の資金を蓄えるため」「ゆとりある生活に向けて蓄えるため」「株主優待が魅力のため」「銀行の金利が低いため別での運用を考えたため」と続いた。長年続いてきた低金利の環境により、銀行預金よりも高い利回りが期待できる株式などの商品ニーズや、老後などの将来を見据えた資産形成が大きな動機になっている傾向が伺える結果となった。

 また「口座の開設状況」では、「一般NISA」が最多の56%となり、「つみたてNISA」が18%、「企業型DC(マッチング拠出を含む)」が10%と続いた。「取引頻度」では、1回あたりの運用資金頻度が「1ヶ月に1回程度」が25%で最多。1回の取引金額は「5万円未満」が最多の18.4%を記録した。

 「FIRE」の認知度については、51%が「知らない」と回答。次いで「知っているが、FIREを目指していない」が34%、「知っていて、FIREを目指している」が12%、「既にFIREを達成している」が3%となった。半数近い人がFIREを認知しているものの、FIREを目指している人は少数にとどまる結果となった。

※「FIRE(経済的自立と早期退職)」:20代などなるべく早い段階で蓄財と資産運用を行い、仕事を早期にリタイアし資産の運用益で生活するという考え方。

【2023年 オリコン顧客満足度(R)調査 ネット証券ランキング】 

1位 SBI証券 70.2点
2位 楽天証券 69.8点
3位 松井証券 68.2点
4位 SBIネオトレード証券 67.7点
5位 マネックス証券 67.5点
6位 auカブコム証券 65.8点
7位 GMOクリック証券 65.7点
8位 岡三オンライン 65.4点
9位 野村證券 64.6点
10位 岩井コスモ証券 63.9点
10位 大和証券 63.9点

※12位以降のランキングは「オリコン顧客満足度(R)」公式サイトをご覧ください。

■ランキング発表日:2023/01/04
■調査期間:22022/08/12〜2022/08/22、2021/08/31〜2021/09/13、2020/08/31〜2020/10/06
■サンプル数:13,730人
■規定人数:100人以上
■調査企業数:34社
■定義:投資商品を取り扱っており、以下いずれかの条件を満たしている証券会社
1)Web経由での投資や取引を中心とするネット証券
2)ネット証券以外の証券会社が提供するWeb取引サービス
3)金融庁の認可を受けているサービス
■調査対象者 性別:指定なし 年齢:18〜84歳 地域:全国   
条件:証券会社で現在投資商品を運用しており、以下すべての条件を満たす人
1)インターネット経由で行っている人
2)過去3年に年1回以上取引をした人
3)主に、国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプションのいずれかの投資商品を取引している人。ただし、運用商品数は問わない

オリコン顧客満足度(R)ランキングは、実際にサービス・商品を利用したことがあるユーザーを対象に実施した「満足度調査」の結果。“満足を情報化する”を理念に、2006年より日本最大級の調査規模で展開している。多項目による調査を独自に行い、その結果をサイト上で発表。日本で流通しているサービスや商品に対して、消費者の選択を容易にすること、それらを提供する企業の成長に貢献することを目指している。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について