“靴下履いた”石田純一、挙式は6月8日と正式発表

紳士用靴下『REPLUS』のブランドキャラクターに就任した石田純一 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

紳士用靴下『REPLUS』のブランドキャラクターに就任した石田純一 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の石田純一が2日、都内で行われた紳士用靴下ブランド『REPLUS』のブランドキャラクターおよび新商品発表会後、婚約中のプロゴルファー・東尾理子選手との挙式が6月8日に正式決定したことを発表した。“靴下を履かない”というイメージが定着している石田は、この日は靴下を履いてイベントに登場。当初は6月2日の予定だった挙式について言及し、開催地の米カリフォルニア州のナパ・バレーではオークション関連のフェスティバルがあるということから、「(日本では大安にあたる)8日に決まり、一昨日お父さん(東尾修氏)にも報告しました」と明かした。

 これまで“ノーソックス”生活を貫き「(寒くても)靴下は履けないなぁ…」とどこか後ろめたさがあったという石田は「これからは寒い日には履きたい」と思わぬ“本音”をこぼした。1985年にイタリアで出合った“素足に靴姿”に感銘を受け、その後これまで運動時以外は靴下を履かないスタンスだったが、新開発のL字型の靴下を報道陣の前で試着。無数のフラッシュを浴びると照れ笑いしながら「昨日も雪の中帰宅して足が凍えそうでした…」と語るなど、信念を曲げるかどうか悩んでいるようだった。

 そんな石田は、昨年のバレンタイン時に東尾選手から「本当は寒いんでしょ?」と、レッグウォーマーをプレゼントされたり、周囲のタレントからも靴下を履くことを勧められるなど“路線変更”を迫られている様子で、これについては「やっぱり、冬は寒いし履きたいなぁと思いますね」。報道陣からは「結婚式でも履くのか?」と質問が飛ぶと「それは相談しますよ」と笑みをこぼしながら話していた。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について