ウィキリークス創設者のドキュメンタリー映画、劇場公開前に異例のDVD&書籍化

日本で先行発売されるドキュメントDVD付き『ジェリアン・アサンジ〜ウィキリークスの秘密』 (C)BLOW WHISTLE BLOW FILMS in association with DDOS Attack Media 2010-2011  [拡大する]

日本で先行発売されるドキュメントDVD付き『ジェリアン・アサンジ〜ウィキリークスの秘密』 (C)BLOW WHISTLE BLOW FILMS in association with DDOS Attack Media 2010-2011 

 政府や企業に関する機密情報を匿名で公開するWEBサイト『ウィキリークス(WikiLeaks)』の創設者兼編集人を務めるジュリアン・アサンジ。彼に密着したドキュメンタリー映画『ウィキリークスの秘密』が、急きょ、DVD&書籍の形で4月23日(土)に発売されることになった。アサンジ氏自身が現在、拘束中のため、写真使用の了承が取れないなどの事情により米国での公開が遅れているのに伴うもので、本来、劇場公開を予定していた作品を米国に先駆け、日本でDVD&書籍の形で先行発売するのは業界初の試みとなる。今後、各国でDVDの発売やWEB配信での公開を予定しているという。

 2010年4月、イラク戦争において米軍が民間人を殺傷した動画を公開した事件は米国内や政府はもちろん、全世界を震撼させた。この動画を公開したアサンジ氏は、『Facebook』創業者、マーク・ザッカーバーグ氏と並んで米『TIME』誌の“2010年パーソン オブ ザ イヤー”に選ばれ、2011年ノーベル平和賞の候補としても名前が上がっている。しかし、彼の正体は未だ謎が多く、彼は犯罪者なのか、それとも正義感あふれるジャーナリストなのか、米国内での社会的評価は割れている。

 DVDには、イラク戦争映像流出事件の後、1ヵ月の隠遁生活を経て表舞台に現れるまでのアサンジに密着した貴重な映像を収録。米政府の包囲網が狭まる中、彼はアフガニスタン紛争における軍の機密情報を公開する準備を進めていた…。

 書籍では、DVDに収録された映像の内容を掘り下げ、アサンジの言葉や行動の意味、関連する人々や事件について徹底解説。DVDとセットで読むことで、“ウィキリークスの秘密”に対する理解を深めてもらうのが狙いだ。

 『ウィキリークスの秘密』は宝島社より4月23日(土)に発売。定価1800円(本体1714円+税5%)。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について