世界初!窓の向こう側に情報を映し出すカーナビ〜パイオニアから

フロントガラスの向こう側に情報が表示される(画像はHUDドライバーモード) [拡大する]

フロントガラスの向こう側に情報が表示される(画像はHUDドライバーモード)

 パイオニアは8日、地図や目的地までの距離などの情報をフロントガラスに映し出す世界初のカーナビ『サイバーナビ』を発表した。同商品は、車載用ヘッドアップディスプレイ「AR HUDユニット」により、運転に役立つさまざまなAR(拡張現実)情報を映し出す。

 「AR HUDビュー」機能では、シーンに合わせて運転に役立つAR情報を表示。ドライバーモードでは目的地までのルート情報や車間距離などを、高速道路に入ると自動的に切り替わるハイウェイモードでは高速出口までの距離や通過予想時刻、渋滞箇所などの道路状況などをルートの色を変えて表示する。

 地図データは、3年間追加料金なしで更新ができるほか、地図にない道路を走行すると地図上に道路を自動生成しルート案内に利用するロードクリエイター機能も搭載する。運転時は、現実の風景とAR情報が重ね合わせて表示されるため瞬時に情報の把握ができるほか、視線移動と遠近の焦点合わせも軽減されるため、安全な走行が期待される。

 商品は1D+1Dメインユニットタイプと2Dメインユニットタイプを用意。価格はオープンで、5月下旬から7月下旬にかけて順次発売予定。


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。