『口蹄疫復興宝くじ』10月15日発売 震災以外の発行は初

 みずほ銀行宝くじ部は15日、2010年に九州で猛威をふるった口蹄疫被害からの復興を目的とした『口蹄疫復興宝くじ』を、10月15日に全国で発売すると発表した。震災以外での復興宝くじは今回が初。収益金は全額、発売元となる宮崎・熊本・大分・鹿児島の4県で復興事業の財源にあてられる。

 地域の災害復興を目的に発行される宝くじは阪神大震災(1995年)、新潟県中越地震(2004年)などのほか、今年7月に『東日本大震災復興宝くじ』などがあり今回で5例目。賞金は1等3000万円、1等の前後賞1000万円、1等の組違い賞10万円、2等500万円、3等100万円、4等10万円。発売額は50億円、収益は約20億円を見込んでいる。

 また、同くじの発売に合わせ、抽せんで3000名に宮崎牛、くまもと黒毛和牛など九州産の肉が当たる『口蹄疫復興宝くじキャンペーン』も開催し、財源の確保と九州産肉のアピール両面から復興を目指す。

 同くじの発売は10月25日まで。抽せんは10月27日、宮崎県で行われる。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について