上野動物園、パンダ出産を想定し6月から準備開始〜妊娠の兆候は見られず

妊娠しているか注目が集まる上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」 (C)ORICON DD inc [拡大する]

妊娠しているか注目が集まる上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」 (C)ORICON DD inc

 上野動物園は29日、今年3月に交尾行動が確認されたジャイアントパンダ「シンシン」(メス)の近況について発表した。現在は妊娠の兆候は認められないものの、パンダの妊娠期間は83〜200日と幅があることから、妊娠していた場合に備えて6月初旬より出産を想定した準備を始める。

 シンシンとオスのリーリーは昨年2月21日に日本に到着し、昨年4月1日に一般にお披露目された。同園には“パンダ効果”で来園者が殺到。2011年度の年間入園者数が19年ぶりに400万人を超えるなど賑わいをみせている。今年3月25日に発情の兆候が認められたことから同居を試みたところ、25日・26日に交尾行動を確認した。

 同園では万が一のために出産準備をしつつ、今後も引き続き健康状態の観察やホルモン値の調査を行うとしている。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について