渋滞中の車内、中・高校生は「携帯をいじる」が約4割

■調査結果はこちら

 ETC利用者は高速道路が土日、祝日に限り1000円で通行出来る制度が開始されてから、初めてのゴールデンウィークを迎えた。早くも渋滞関連の報道も飛び交い、交通量は例年より大幅に増える見込みと言われているが、オリコンでは『乗車中の車が渋滞に巻き込まれた場合どう過ごしているか?』をリサーチ(複数回答可)。「総合」の結果は、1位から順に【音楽を聴く】(80.6%)【会話をする】(43.3%)、【ラジオを聞く】(25.4%)と、オーソドックスな回答が占めたが、世代別で見ると、中・高校生:2位(38.0%)、専門・大学生:3位(31.0%)と、若い世代ほど【携帯電話をいじる】ことで退屈な時間をやり過ごしているのが特徴的だった。

 「好きな音楽を聴いていると気が紛れるから」(広島県/30代/男性)、「時間が気にならなくなる」(広島県/40代/女性)というように、男女・世代を問わず【音楽を聴く】と回答した人が最も多く1位に。思うように進まない車中では“イライラ”も募りがちだが「音楽が一番リラックスできる」(埼玉県/30代/男性)、「気分転換になるから」(大阪府/専門・大学生/女性)と、気持ちを落ち着かせるために音楽を聴いている人が多かった。

 続く2位の【会話をする】は、「運転している人も含め、みんなで楽しい時間を共有できるので」(大阪府/30代/男性)という理由から。3位となった【ラジオを聴く】には「楽しい話題を提供してくれるので」(福島県/30代/男性)、「会話が盛り上がるから」(千葉県/専門・大学生/女性)とのコメントが多数寄せられ、ラジオで流れてくる情報を話題に会話も楽しんでいる人が多かった。また、そのほかには【眠る】(5位:22.8)、【歌う】(6位:15.3%)、【テレビを観る】(8位:9.9%)などの手段があげられた。

 一方、世代別で見ると、「中・高校生」、「専門・大学生」の車内での過ごし方で多かった【携帯電話をいじる】の意見では、いろいろな機能が付いているので「飽きることがない」(北海道/専門・大学生/男性)、「無意識に携帯をいじっている」(熊本県/中・高校生/女性)と答える人が目立ったほか、「飽きないし、みんなイライラしているから話しかけない方がいい」(滋賀県/中・高校生/女性)と、ピリピリとした車内の雰囲気を読み、あえて携帯電話を取り出して独自の世界に入り込むといった人もいた。ちなみに、「20代社会人」は15.0%、「30代」は18.0%、「40代」では13.5%が携帯をいじっていると回答。若い世代のほぼ半分ということがわかる。

 渋滞に巻き込まれた車内でする行動を伺った今回のアンケート調査。結果を振り返ると【音楽を聴く】、【会話をする】など従来の方法で手持ち無沙汰な時間を過ごしている人が多かったが、若い世代ほど現代の生活に溶け込んだ“携帯電話”を利用して時間を潰す人も少なくないようだ。

(2009年3月31日〜4月3日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1000人にインターネット調査したもの)



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について