『東京マラソン2010』申込者数、過去最高の31万人超〜当選倍率は約8.9倍

『東京マラソン2009』の様子 (C)TOKYO MARATHON  [拡大する]

『東京マラソン2009』の様子 (C)TOKYO MARATHON 

■その他の写真ニュースはこちら

 東京マラソン事務局は2日、『東京マラソン2010』(2010年2月28日開催)の最終申し込み状況を発表した。今回から募集期間を短縮していたが、フルマラソン・10Kmマラソン共に申込者数は過去最高となり、申込者数合計は前年比19%増の31万1441人。当選倍率は約8.9倍になった。抽選結果については10月中旬以降に申し込み者全員に通知される。

 今回より8月1日から31日の1か月間に短縮された同大会参加申込期間だが、申込者数は過去最高となり、フルマラソンは3万2000人の定員に対し27万2134人(倍率8.5倍)、10Kmマラソンは定員3000人に対し3万9307人(倍率13.1倍)の応募があった。なお、2009年大会(2009年3月開催)の申し込み者数合計は26万1981人で、今回初めて30万人を突破。同事務局は「マラソンがブームではなく、ライフスタイルとして定着してきているのかもしれない」とコメントしている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について