「2010年本屋大賞」ノミネート発表 『1Q84』など10作品

村上春樹著の『1Q84 BOOK1』(新潮社)  [拡大する]

村上春樹著の『1Q84 BOOK1』(新潮社) 

■その他の写真ニュースはこちら

 全国の書店員が “今いちばん売りたい本”を決める「2010年本屋大賞」のノミネート作品が22日、発表された。選出されたのは村上春樹氏の『1Q84』など10作品。本屋大賞は今回が7回目で、2009年本屋大賞は湊かなえ氏の『告白』が受賞している。

 同賞は“出版不況”や“読書離れ”に危機感を覚えた書店員有志により創設されたもので、書店員の投票だけで選ばれる点が特徴。7回目となる今回は2008年12月1日〜2009年11月30日の間に刊行された“日本のオリジナル小説”を対象に実施しており、全国323書店385人から投票があった。また、今回は既刊本から“書店員のおすすめ”を選出する「発掘部門」のほか、本屋大賞部門の対象外作品から選出する特別賞「オレ本大賞(仮)」の投票も行われている。

 ノミネートされた作品は以下の通り。2次投票は本日から2月28日まで実施され、大賞は4月20日に発表される。

■2010年本屋大賞ノミネート作(五十音順)

『1Q84』村上春樹(新潮社)
『神様のカルテ』夏川草介(小学館)
『神去なあなあ日常』三浦しをん(徳間書店)
『植物図鑑』有川浩(角川書店)
『新参者』東野圭吾(講談社)
『天地明察』冲方丁(角川書店)
『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子(文藝春秋)
『船に乗れ!』藤谷治(ジャイブ)
『ヘヴン』川上未映子(講談社)
『横道世之介』吉田修一(毎日新聞社)

■全15ジャンルのランキングがわかる
【特集】2009年のトレンドをおさらい! 『オリコン2009年年間“本”ランキング』

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について