改めて“ありがとう”と感謝を伝えたい相手「親」がダントツ


■両親へ、娘へなど“ありがとう”コメント一覧

 3月9日は「サンキュー」の語呂にちなみに『ありがとうの日』と定められ、東京をはじめ、全国各地でさまざまな感謝を伝えるイベントが毎年行われている。そこでORICON STYLEでは、全国の10代から40代の男女1,000人を対象に「改めて“ありがとう”を伝えたい人はいますか?」というアンケートを実施したところ、全体の42.7%を占めた【親】が1位となった。親子、または家族関係の稀薄さが度々報道されるなか、過半数に近い得票数となっており、この結果に驚く人も多いのではないだろうか?

 「今まで育ててくれたことに感謝」(東京都/10代/女性)という素直な気持ちはもちろん、「初めての子育てで不安ばかりだったけど、相談にのってもらい安心できた」(茨城県/30代/女性)と出産、子育てを経験している娘から母親へ、また「生き様を見せてくれた。生きる方向を示してくれた」(京都府/30代/男性)と息子から父親へ、それぞれ“人生の先輩”に対して尊敬と感謝の気持ちが届いている。

 そして2位には【夫・妻】が登場。「家族のために頑張っているから」(東京都/20代/女性)という妻からのねぎらいの気持ちが届き、一方では「家庭の中心となってみんなを明るくまとめてくれている。感謝しかない」(大阪府/30代/男性)と、深い感謝の気持ちが届いた。また「君がいたから僕は幸せ。だから、ありがとう」(神奈川県/20代/男性)と、映画のワンシーンのようなセリフまで飛び出している。

 昨今では“熟年離婚”という言葉も度々報道され、先月発表された『サラリーマン川柳』(第一生命)では、夫婦双方からの恨み節に近い作品が多々投稿されたが、今回は改めて“夫婦間の絆の強さ”が垣間見えた。

 もちろん、感謝を伝えたい相手は家族ばかりではない。卒業にともない、離ればなれになる【友達】(3位)や、春から遠距離恋愛となる【恋人】(4位)、またこれまで社会人としてのルールや仕事を教えてくれた職場の【上司】(7位)たちもTOP10入りしている。何気ない日常で使われることもあれば、相手の顔を見てはなかなか言えない言葉でもある、たった5文字の“ありがとう”。3月9日を機に、周囲の友人、会社の同僚など自分を支えてくれた人たちに対し、少し照れくさくとも感謝の気持ちを伝えてみてはどうだろうか?

【調査概要】
調査時期:2010年2月16日(火)〜2月19日(金)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代〜40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査





>>■“ありがとう”を伝える曲TOP10




■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について