「VIERA」のサイトで著名人が語る“テレビとの付き合い方”

著名人4名が出演するパナソニックの特設サイト「私とVIERA」  [拡大する]

著名人4名が出演するパナソニックの特設サイト「私とVIERA」 

■その他の写真ニュースはこちら

 4月に国内メーカーでいち早く3D対応テレビを発売したほか、5月にも新商品を発表しているパナソニック。同社が力を入れている『VIERA(ビエラ)』シリーズには、ブロガーや有名人が語る3D対応テレビの体験レポや、著名人が語るテレビとの付き合い方など、さまざまなWebコンテンツが用意されている。その中のひとつ、「私のビエラ」では、4人の著名人がポータブル液晶テレビ『DMP-BV200』との“付き合い方”を披露している。

 同コンテンツに登場するのはJリーグ・ガンバ大阪所属の安田理大選手、映画『アバター』でネイティリの吹き替えを担当した声優の小松由佳、バレリーナの本島美和、写真家の松原卓二氏。安田選手に“ボケをかます”と強烈なツッコミが帰ってくる「安田選手にボケまSHOW」、小松がユーザーの告白に対して激励のメッセージを送る「小松さんに告白シアター」などを展開するなど、ユニークな“おまけ企画”も用意されている。

 なお、このサイトでは、“シブヤ発南国行き”をキャッチコピーに、爽快で良質なメロディが印象的なアルバム『Star Bird』を26日にリリースするmic.b a.k.a 73Pike Set が音楽を担当。心地よいギターとリズム、透明感のある歌声でサイトの世界観を盛り上げており、こちらも注目だ。

3Dや大型液晶、ポータブルなど、テレビとの付き合い方は実に人それぞれ。さまざまなテレビが発売されている今だからこそ、自分らしい“付き合い方”を探ってみては?

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について