3000人の女性が乾杯、熱狂『SATC2』レッドカーペット

(左から)キム・キャトラル、クリスティン・デイビス、サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)キム・キャトラル、クリスティン・デイビス、サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 米映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』(マイケル・パトリック・キング監督、6月4日公開)のジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが1日、東京・六本木ヒルズアリーナ広場で開催された。主演の米女優サラ・ジェシカ・パーカーらメインキャスト4人が初めてそろう待望の瞬間を生で一目見ようと集まった招待客1000人に加え、会場周辺に集まった2000人の見物客はほぼ女性で占められた。モデルの道端ジェシカ、タレントのスザンヌら女性著名人も多数ドレスアップして駆けつけた。

 3000人ちかい女性たちがプレミアムな夜に熱狂した。4人のキャストは予定より15分ほど遅れて会場に到着。ミランダ役のシンシア・ニクソン、シャーロット役のクリスティン・デイビス、サマンサ役のキム・キャトラル、そしてキャリー役のサラの順に、乗りつけた車から降りてファンの前に姿を現すと、甲高い歓声とともに騒然となった。ファンが待つレッドカーペットを進みながら、サインをしたり、カメラに笑顔を向けたり、45分間にわたって、ファンサービスとメディアの取材に応じた。

 キング監督、製作のジョン・メルフィー氏とともにステージに上がった4人のキャストは「愛されていることを感じました」(シンシア)、「東京大好き、日本大好き」(クリスティン)、「温かい歓迎をありがとう」(キム)と一言ずつあいさつし、最後にサラは「Love you」と日本語で「アリガトウ」を連呼した。さらに招待客にはスパークリングウォーターが配られ、サラの音頭で乾杯し、イベントは最高潮に達した。

 同作は米ニューヨークを舞台に、恋愛やセックスを通して女性4人の生き方、人生の選択を描いた人気テレビドラマの映画版第2弾。2008年公開の前作は、世界興行収入が4億ドルを突破するヒットを記録し、一大ムーブメントを巻き起こした。日本でも17億円のヒットを記録したほか、テレビドラマのDVDボックスを約100万セット売り上げる人気を誇る。前作のヒットを受けて製作された続編は、4人がニューヨークを飛び出し、UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビ旅行へ出かけ、よりドラマチックな展開を繰り広げる。

 ジャパンプレミアに来場したのは、相川七瀬、板井麻衣子(ミス・ユニバース2010日本代表)、上原美佐えれな神田沙也加クリスタル・ケイKelly国生さゆりスザンヌ鈴木紗理奈、Sonomi、高見恭子デーブ・スペクター、仁支川峰子、蜷川実花、早見優萬田久子道端アンジェリカ道端カレン、道端ジェシカ、宮坂絵美里、森理世、ラサール石井LiLiCoほか。

◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


 相川七瀬SAYAKACrystal Kay国生さゆり国生さゆり with おニャン子クラブMunehiro早見優

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について