ソフトバンク孫社長が義援金100億円 引退までの代表報酬も全額寄付

100億の寄付と引退までのグループ代表報酬を全額義援金に回すソフトバンクグループ・孫正義社長  (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

100億の寄付と引退までのグループ代表報酬を全額義援金に回すソフトバンクグループ・孫正義社長  (C)ORICON DD inc. 

 ソフトバンクグループは3日、東日本大震災の義援金10億円を拠出すると発表した。また、孫正義社長は個人で100億円を寄付するほか、2011年度から引退までのグループ代表報酬を全額義援金に回すと発表。これら義援金で震災遺児の支援などを行っていくとしている。

 この義援金・支援金について同社は「日本赤十字社や赤い羽根共同募金などを通じて寄付を行うほか、NPOやボランティア団体などへの早急な支援や、両親を亡くした震災遺児への中長期的な生活と勉学の支援などに役立てる」ほか、「今すぐに支援を必要とされている方々へ義援金・支援金を早急にお届けできる寄付の方法を検討している」としている。

 米フォーブス誌が今年3月に発表した2011年度版『The World’s Billionaires(世界長者番付)』によると、孫社長の資産は日本で1位の81億ドル(約6723億円・世界113位)。日本で2位(世界122位)にランクインしているユニクロ・柳井正社長(76億ドル・約6308億円)は震災直後に個人的に10億円、ファーストリテイリンググループとして4億円のほか、防寒衣料『ヒートテック』を含む約7億円分の衣料品、タオルなどを被災地へ送っている。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について