千葉房総・いすみ鉄道に公式萌えキャラ登場

いすみ鉄道の公式キャラクター「上総いすみ」  [拡大する]

いすみ鉄道の公式キャラクター「上総いすみ」 

 千葉・房総半島の中央部(上総中野〜大原間)を走るいすみ鉄道は10日、公式キャラクター「上総いすみ」を発表した。同社は今後、同キャラクターを利用したポスターなどを各駅に掲示するほかキャラクターグッズ等を販売していく。

 同キャラクターはアニメ・マンガ系クリエイターの総合情報サイト「TINAMI」と今年1〜3月に共同で実施した公式キャラクターコンテストから選ばれたもので、イラストレーターの月邸沙夜(げってい・さや)氏の作品。

 千葉県南部の旧国名である“上総国”の神様に仕える菜の花の精で、2010年に引退した車両「いすみ204号」の依頼できたという設定で、光列車として人気の車両「キハ52」をモチーフにしたポシェットが特徴。春には菜の花に覆われる里山を走る同鉄道だけに、菜の花をイメージした振袖をまとっている。

 同鉄道は長年にわたり赤字経営が続いており2007年に廃線が検討されたが社長の一般公募やオリジナルグッズの開発、嘱託社員として働きながら列車運転免許を取得できる「運転士養成プラン」などユニークな施策を次々と導入し、2010年に存続が決定した。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について