難しすぎて歌えない曲、1位は「初音ミクの消失」

「初音ミクの消失」を収録したアルバム『ミクの日感謝祭 39’s Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート〜こんばんは、初音ミクです。〜』のジャケット写真  [拡大する]

「初音ミクの消失」を収録したアルバム『ミクの日感謝祭 39’s Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート〜こんばんは、初音ミクです。〜』のジャケット写真 

■ランキング表はこちら

 業務用通信カラオケ大手のJOYSOUNDは13日、カラオケユーザーを手こずらせる『難しすぎて歌えない曲』を発表した。1位には、人気ボーカロイドによるcosMo@暴走P feat.初音ミクが歌う“最高速の別れの歌”「初音ミクの消失」が選ばれた。「とにかく早すぎだ…これ歌える人間存在するのか?」(16歳/女性)、「これはまじで神レベル!人間では歌えません(笑)」(19歳/女性)など、常人離れしたスピードに誰もが圧倒されているようだ。

 2位は、RADWIMPSの「おしゃかしゃま」。「リズムが難しいし息が続かない。そして、息継ぎのタイミングが分からない」(16歳/女性)など、“早口×息が続かない×リズムが取りづらい”の三拍子がそろった難曲のようだ。RADWIMPSは、5位にも「セツナレンサ」でランクインしている。

 3位は、L’Arc〜en〜Ciel「瞳の住人」。サビの部分の高音に苦しむ人が多く、「素人が出せるファルセットの限界を越えています」(30歳/男性)という声も。4位は、放課後ティータイム「GO! GO! MANIAC」。早回しと勘違いしてしまうほど高速回転する歌詞に苦しむ人が多いようで、同社では、「テンポをグッと落として歌うという裏技もアリかもしれないです」とコメントしている。

 “難しすぎて歌えない“と言われるほど、攻略意欲をかき立てられるもの。あなたも一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

モバイルサイトJOYSOUND[カラオケ]、JOYSOUND[歌詞]による調査
調査期間:2011年4月11日〜5月1日
応募総数:1075件





オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について