ユニーク企画で若者にアピール 日産がFacebook活用プロジェクト開始

 「若者のクルマ離れ」と言われる昨今。日産自動車は28日、クルマに関心が少ない人にも興味をもってもらうためのソーシャルメディアを活用した新プロジェクト『にっちゃん』の発表記者会見を都内で行った。同プロジェクトはFacebookを使い、ユーザーが気軽に意見交換ができる“場所”とコンテンツを提供する取り組み。編集長には放送作家の鈴木おさむ、アシスタント兼レポーターは高見侑里が就任し、きょうから本格的に始動した。

 同プロジェクトでは、投稿者のアイデアを“日産”にちなみ2万3000円で購入するほか、“男がクルマを買うとモテるのか”を実際に検証するもの、過去の名車倉庫に潜入し、貴重な名車の写真を投稿するなど、自動車メーカーの“固いイメージ”を払拭する企画を展開する予定。また“日産・センター試験”と題し、日産社員に抜き打ちで車の知識を問うテストを実施するなど、企業とユーザーが一緒に楽しめるようなコンテンツを準備しているという。

 会見に出席した鈴木は「日産本社に出向き会議をガチでやっております。チャンネルを1つ作るつもりでチャレンジしていく」とコメント。同社も「“日産がおもしろいことやっている”と感じていただき、クルマに関心を持ってもらえれば」と期待を寄せた。

 プロジェクトスタートの“のろし”として、鈴木は会見中に『日産の本気の新しいチャレンジ「にっちゃん」の編集長に就任しました。誰だってワクワクが好き。でもワクワクすることは難しい。だからみんな一緒にワクワクしましょう』とFacebookに投稿。さっそく、ユーザーから「楽しみです」などのコメントが寄せられている。

 同プロジェクトの期間は約1年間とし、今後の盛り上がり次第で継続が検討される。“やんちゃ”なことがしにくい自動車メーカーの新たな取り組みが、クルマに関心がない世代をどこまで惹きつけられるか注目したい。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について