ウォーターサーバー導入のきっかけ、「妊娠・出産」理由が昨年からほぼ倍増

「ウォーターサーバー導入のきっかけ」(単一回答) [拡大する]

「ウォーターサーバー導入のきっかけ」(単一回答)

 オリコンが発表した『2014 オリコン顧客満足度ランキング ウォーターサーバー部門』において、ユーザーの「ウォーターサーバー導入のきっかけ」(単一回答)の理由で、「妊娠した、子どもが生まれたから」からが、昨年の8.2%から今年は16.0%とほぼ倍増となった。

 富士山の銘水社によると、「妊娠・出産、育児をきっかけにウォーターサーバーを導入されているお客様の割合は多く、元々育児家庭でのウォーターサーバーの必要度が高かったところに知名度や普及度が上がり、育児家庭での導入がさらに増えたのでは」と分析。厚生労働省の発表では、合計特殊出生率が2012年=1.41、2013年=1.43と2年連続で上昇し、1996年の1.43以来、17年ぶりとなる水準に回復。子どものために水の安全性を求める親が増えたとも考えられる。

 「ウォーターサーバーを導入しようと思ったきっかけ」のその他の理由は、「おいしい水が飲みたかったから」(25.5%)、「水道水の安全性に不安を感じたから」(13.7%)、「ミネラルウォーターを購入するのが面倒だったから」(13.6%)、「災害時の対策を意識して」(9.0%)などとなっている。

 『2014 オリコン顧客満足度ランキング ウォーターサーバー部門』で1位に選ばれたのは【ハワイウォーター】。「水の品質、おいしさ:79.74点(2013年)→ 82.66点(2014年)」、「会社の信頼性・知名度:72.11点 → 75.53点」、「担当者の対応:72.15点 → 75.48点」、「コストパフォーマンス:62.81点 → 65.21点」など、「総合」含め全7項目すべてでポイントがアップ。特に「水の品質、おいしさ」、「水の安全性(衛生面などを含む)に関する情報公開」は、ランクインした全企業中(特別選出企業除く)、唯一の80点台で、品質の高さがユーザーの満足度につながった。

 2位は【アルピナウォーター】で、3位は昨年N数が足りなかった【うるのん】。【うるのん】は、CMキャラクターにドラえもんを起用し、知名度やイメージ向上を図ったことが今回のN数上昇につながったようだ。

【調査概要】
◆調査期間:2014/03/31〜2014/04/11
◆回答者数:5,089サンプル
◆調査対象者
性別:男女、年齢:20歳以上、地域:全国
条件:過去3年以内に家庭用ウォーターサーバー(ウォーターディスペンサー)をキャンペーン期間を除き2ヶ月以上利用を継続して利用したことがあり、かつ家庭用ウォーターサーバー(ウォーターディスペンサー)の選定に関与した人

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について