銀座の夜空に光る陸上トラックが出現

■その他の写真ニュースはこちら

 北京五輪開幕まで2週間に迫った7月25日(金)、東京・銀座の百貨店、松屋銀座で陸上トラックをデザインしたライトアップが始まった。同日夜に行われた点灯式には、バルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダリストでスポーツコメンテーターの岩崎恭子、中国初の男性スーパーモデルとして活躍する胡兵(フー・ビン)らが出席した。

 北京五輪の公式計時を務めるスイスの時計メーカー・オメガと松屋銀座のコラボレーション。中央通り側の外壁には五輪カラーの赤、青、黄、緑、白(黒の代わり)のコースラインと写真判定カメラが捉えたゴールラインの5人ランナーが浮かび上がり、その隣では直径11.28メートルの巨大なクロノグラフ時計の光の針が正確に時を刻む。

 北京オリンピックに向けて、岩崎は「自分も試合後のコメントを取り上げられた経験から、競技が終わった後の選手の表情やインタビューに注目してほしい」と話した。また、胡兵は「北京の街はオリンピックを迎える準備ができています。僕もワクワクしています」と開幕が待ちきれない様子だった。

 ライトアップ時間は毎日18時〜24時。大会が閉幕する8月24日(日)まで、ムードを盛り上げる。

『流行りモノ調査隊 第53回 北京五輪』
金メダルを期待している競技ランキング


今月の写真ニュース一覧をみる

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について