山田孝之、全裸シーンにも恥なし「楽しかった」

映画『鴨川ホルモー』の大ヒット祈願イベントに出席した俳優の山田孝之  [拡大する]

映画『鴨川ホルモー』の大ヒット祈願イベントに出席した俳優の山田孝之 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の山田孝之栗山千明濱田岳らが28日(水)、東京・御茶ノ水の神田明神にて行われた映画『鴨川ホルモー』の大ヒット祈願イベントに出席。式神のオニを使った謎の祭り“ホルモー”のサークルに所属する主人公・安倍明を演じる山田は、オニが見えるようになる儀式のシーンでは全裸で演技。恥ずかしさについて聞かれると「恥ずかしくなかった。開放感が良くて、ケツ出して楽しかった」と会心の笑みをみせた。

 ドラマ『鹿男あをによし』(フジテレビ系)の著者・万城目学のデビュー作にして、奇天烈なオニ語とポーズが所狭しと飛び交うアホさ溢れる青春お祭りコメディー。脚本に惚れこんだという山田は「初めての本格的なコメディー。とにかく面白いので保障します」と仕上がりに自信たっぷり。濱田は「由緒正しき(ロケ地の)京都で、意味不明な言葉を絶叫し、振り付けをやったけど振り切ってやりました」と鼻息荒く語り、「世知のない世の中に一石を投じるバカ映画だと思う」と皮肉り笑いを誘った。

 全裸での撮影にも関わらず、「恥ずかしくなかった」と役者魂をみせた山田は、見所について聞かれると「荒川(良々)さんの出てるシーンが好き。大ファンなんですよ。あの人は神だと思う」と崇拝ぶりを告白。一方、メガネにオカッパという容姿で大木凡人似のヒロインを演じた栗山は「お気に入りです。変身のしがいがある役でした」と大木キャラをアピールした。

 イベントではレーズンが大好物のオニに喜んでもらおうと、豆まきならぬレーズンまきでヒットを祈願した。映画『鴨川ホルモー』は4月18日(土)より公開。

映画『鴨川ホルモー』オフィシャルブログ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について