年末年始の「1000円高速」、年内は適用なし 実施日は元日から5日まで

■その他の写真ニュースはこちら

 国土交通省と高速道路各社は4日、年末年始の高速道路の料金割引について発表した。年内最後の土日である26、27日は「終日5割引・上限1000円(都心部は除く)」の休日特別割引を適用せず、平日と同様の割引率にするほか、年始の休日特別割引は「例年ご利用が集中する1月2日と3日の交通を分散し、渋滞を抑制するため」(同省)、1月1日から5日までを適用日にする。

 自動料金収受システム(ETC)を付けた普通車・軽自動車を対象に、土日・祝日に実施されている高速道路料金の特別割引制度。同制度を暦通りに当てはめると、年内は26日(土)・27日(日)、年始は1日(祝日)、2日(土)、3日(日)が対象となるが、交通渋滞による物流への影響を考慮し、上記の日程に決定した。

 高速道路各社は年末年始の高速道路の渋滞について、「下り線では29日(火)・30日(水曜日)に、上り線では2日(土)、3日(日)に多く発生する」と予測しており、「1月4日と5日は比較的渋滞が少ないと予測していますので、渋滞を避けた分散利用をお願いします」と呼びかけている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について