花粉症の特効薬に支払える金額は平均7,110円、男性の平均額は女性の2倍

■花粉症の失敗談一覧


 厳しい冬の寒さも徐々に和らぎ、本格的な花粉症のシーズンがスタートする3月。目のかゆみや鼻水、鼻づまりなどの症状に頭を悩ませる人には辛い季節がやってくる。そこで、ORICON STYLEでは“花粉症”をテーマに意識調査を実施。「花粉症の特効薬が開発されたら、いくら支払えますか?」という項目において、平均金額は7,110円だった。これは、花粉症の症状を緩和するレーザー手術や市販薬の購入費の平均額よりもやや高額といえる。また、男女別にみると女性の平均4,707円に比べ、男性は平均9,757円と約2倍。男性の方がより積極的に完治を望んでいる傾向がうかがえた。

 より具体的な『花粉症による失敗談』について設問を続けたところ、鼻炎による人前での粗相が圧倒的。「授業中鼻をすする音が・・・」(鳥取県/10代/男性)、「テスト中、ティッシュが使えずマスクには鼻水のシミが・・・(泣)」(静岡県/10代/女性)といった学生らしい手痛いエピソードを語る人や、「たまたまティッシュペーパーを忘れた時に、好きだった子が近くに来てしまい、思いっきり、鼻水を垂らしてしまったこと」(石川県/20代/男性)と、思春期ならではの失敗談も登場した。

 そして年齢を重ねると、やはりビジネスシーンでの失敗談がちらほら。「仕事中にくしゃみ鼻水が止まらず、上司から“もう帰っていいよ(笑)”とまで言われた」(大分県/20代/男性)と通常業務がままならない人、また「お客様と話していて、鼻がムズムズ。力いっぱい鼻をかんだら鼻血が出て笑われた」(長野県/40代/男性)という、大事な商談の真っ最中での失態もあった。なかには「信号待ちをしていて、くしゃみをした瞬間に前の車に追突した」(東京都/40代/女性)と、非常に危険な体験談も寄せられた。

 先日、鼻炎薬『コンタック 600プラス』を販売しているグラクソ・スミスクラインが発表した意識調査『花粉症による1か月に受ける精神的な負担』において、金額で表した場合【0円以上〜1万円未満】とする人は全体の36.6%、続く【1万円以上〜5万円未満】が33.1%、【10万円以上】と答えた人も14.4%。1万円以上と答えた人は合算で47.5%と、かなりの高額を示す結果となっている。

 花粉症の症状は千差万別といえ、ここ数年は発症の低年齢化も問題視されている。夜は熟睡できず、朝から目やにで目が開かず、出勤すれば鼻づまりで頭がぼぉーっとする。女性なら何度もメイク直しが必要となり、いざ、症状を緩和しようと薬を服用すれば、ときに眠気が襲ってくる……。日常生活もままならなくなる花粉症だが、未だ根本的な治療法が見出されておらず、一刻も早い特効薬の誕生を望む声は後を絶たない。

【調査概要】
調査時期:2010年1月21日(木)〜1月25日(月)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜40代の男女、各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査




■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について