クレジットカードの国内ブランドと国際ブランド

  • クレジットカードの国際ブランドの違い

 クレジットカードは大きく、国内の利用に特化したものと海外旅行で有効利用できるものの2種類に分類できます。その名の通り国際ブランドとは、後者のクレジットカードを指します。いずれも利用場面やシチュエーションによって特化している内容が異なりますので、それぞれの利点を知って上手に使い分けましょう。

国際ブランド

 国際ブランドのクレジットカードは、「JCB」、「VISA」、「Master Card(マスターカード)」、「AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)」、「Diners club(ダイナースクラブ)」の5種類です。
 名前だけ見てわからなくても、ロゴを見ればピンとくるのではないでしょうか。日本に本社を置くのはJCBのみで、あとは外資系のカードです。

国内ブランド

 国際ブランド5つ以外で日本に流通しているものは全て国内ブランドと考えてよいでしょう。
 代表的なのは、「セディナ」、「ジャックス」「エポス」、「クレディセゾン」、「三菱UFJニコス」、「三井住友」など。最近では「楽天カード」も有名になってきましたね。国内ブランドのカードでも、ほぼ全てのものに国際ブランドいずれかのロゴが入っています。国内ブランドと国際ブランドを提携させることによって使用範囲を拡大させているのです。例えばエポスカードにVISAのロゴが入っているものなら、VISAに対応している店舗で利用が可能です。

T&Eカードとペイメントカード

 国際ブランド5社の中から、さらにペイメントカード(決済カード)とT&Eカードに分けられます。
 T&Eとは「トラベル&エンターテイメント」の略で、その名の通りレジャーや娯楽に特化しています。JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners clubがこれに分類されます。一方VISA、Master cardはペイメント(決済)カードです。T&EカードのAMERICAN EXPRESS、Diners clubは国外での対応店舗が非常に多いので、海外旅行に頻繁に行くのであれば大変重宝します。JCBは韓国やハワイなど日本での旅行需要が高い国々での対応店舗数は群を抜いています。日本国内での需要もトップクラスです。

各カードの違い

 AMERICAN EXPRESS、Diners clubは富裕層向けのクレジットカードとして知られており、審査も他のカードに比べると若干厳しいのが特徴です。その代わりに、入会すると海外の高級ホテル割引サービスなどの特典を受けることができます。ステータスとして所有する人も少なくありません。
 JCBは、国内のクレジット対応店舗で使えない店はないといいわれているほど浸透しており、航空機利用のマイレージやレンタカー割引など、旅行時に受けられるサービスも充実しています。

上手な使い分けを

 海外旅行によく行く人の場合、国際カードを複数所有していることが多いようです。カードの組み合わせ次第で無限に可能性が広がりそうですね。
 それぞれのメリットを上手く組み合わせて利用すれば、お金のかかる海外旅行もお得に済ませられるかもしれません。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。