ブラックカードとは

 クレジットカードにも様々なランクがあります。ランクが上がるにつれて年会費も上がりますが、その分の特典サービスやVIPな待遇を受けることができます。そのようなクレジットカードの中で頂点に立つカードが「ブラックカード」です。カードの色がブラックだからといってブラックカードというわけではありません。選ばれた人だけが持つことのできる特別なクレジットカードです。今回はブラックカードについてご紹介します。

ブラックカードは特別なカード

 ブラックカードとはクレジットカードの中で最もランクの高いカードであり、有名なカードでいうと、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードがそれに当たります。
 もともと、アメリカンエキスプレスでは、年会費13万円のプラチナカードが最もランクの高いカードとして発行されていましたが、その後年会費16万円のセンチュリオンカードが最高ランクのクレジットカードとして登場しました。センチュリオンカードの年会費はさらに引き上がり、現在は35万円となっています。
 他にも、ダイナースクラブのプレミアムカードやスルガ銀行のVISA Infiniteカードなどもブラックカードとして発行されています。いずれも厳しい審査基準をクリアした後、カード会社から招待状が届いた人が持つことのできる特別なカードです。

ブラックカードを持つことによるメリット

 ブラックカードは、最高ランクのカードということもあり、特典や待遇は素晴らしいものとなっています。ブラックカードを持つことは、自分専用の秘書を持つような力があり、24時間年中無休の専用デスクに電話をすれば、ホテルの手配やプレゼントの購入など、様々な要望に応えてもらうことができます。
 また、旅行時にも様々な特典があります。空港のVIPラウンジを利用することができることに加えて、旅行の傷害保険は最高1億円まで補償されることや、ホテルが自動的に同料金でアップグレードされることもあります。ホテルをよく利用する場合は、2泊すると1泊無料になるサービスなどもありお得です。
 高級ホテルや旅館、レストランは、毎日部屋やテーブルが確保されているため、いつでも予約することができます。映画館や美術館を貸し切り、プライベートで利用することができるといった、なかなか味わうことのできないVIP待遇を受けることができるのがブラックカードの魅力です。

どうすればブラックカードを持つことができるの?

 ブラックカードは、いきなりそのカードを申し込むことができるわけではありません。ブラックカードをもつためにはカード会社によって条件を設けており、センチュリオンカードの場合はプラチナカードを保有していることが必須となります。まずはそのカードの会員になり、その後カード会社によってブラックカードに相応しい会員とみなされた場合、招待状が送られ、ブラックカードを手に入れることができます。
 ブラックカードを手にいれるためには、ただプラチナカードを保有しているだけではなく、積極的にカードを利用することが大切です。また、支払いの遅延やリボ払いなどは一切せずに、クレジットヒストリーの実績を積んでいくことが大切となります。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。