ゴールドカードの特徴

  • ゴールドカードの特徴

 ゴールドカード、その名前を聞いただけでもなんとなく仰々しい印象を抱きますよね。その名に違わず、通常のクレジットカードよりもワンランク上のカードです。仕事が安定したらいつかは持ってみたいですね。ここではそんなゴールドカードの特徴についてご紹介します。

一般的なゴールドカード

 基本的にゴールドカードは自ら入会申し込みを行うことができません。
 一般のクレジットカードを所有している人の中から就職先企業、在籍年数、収入、年齢を審査したうえで認められた者にだけに入会を促す書類が届きます。大体年齢は30歳以上、400万円以上の年収が審査基準に達する最低ラインとされています。ゴールドカードに入会することによって、各金券の手配サービスや空港ラウンジの自由利用など一般カードよりも質の高いサービスを受けることができます。
 ただし、年会費の相場が1万円前後と割高です。一定年数利用することで年会費無料になるものや、サービスを限定することによって数千円で契約できるものもあります。

20歳以下でも所有できるゴールドカード

 最近では、自己申告で入会できるものや30歳未満の方でも一定の基準を満たしていれば入会できるものなど、ゴールドカードのハードルも低くなってきました。一番入会しやすいものであれば、年会費2000円程度、勤続年数3年未満でも入会することができます。
 中でも三井住友プライムVISAカード、MUFGゴールドカード、JCB GOLD EXTAGEなどが注目を集めています。年会費の安さで人気なのはセディナカードゴールド、MUFGカード ゴールド、シティエリート。ほかにもOrico Premium Gold iDやジャックスカード ゴールド、NTTグループカードゴールドなど、各社からヤング向けゴールドカードが発行されています。

格式を保つゴールドカード

 従来のゴールドカードは、ステータスカードとも呼ばれています。長期間にわたって毎月支払うべき金額をきちんと支払ってきた、カード会社が優良と認めた者だけがスカウトされる特別な資格なのです。
 ゴールド会員には海外旅行保険や国内旅行保険、買い物保険など、一般カードでは補えないサービスが取り揃えられています。予期せぬトラブルや事故に巻き込まれたとき、ゴールドカードが身を守ってくれるといっても過言ではありません。このゴールドカードを目指してヤング向けのゴールドカードからスタートする人も大変多いです。
 年会費がネックとなってゴールドカード入会に踏み切れない方は多くいらっしゃいますが、それを凌駕するサービス内容が取り揃っているのです。

ステータスだけじゃない?

 「ゴールドカードは社会的地位・身分を示すために持つもの」と考えていた方も多いのではないでしょうか。
もちろんゴールドカードを所有していることで社会人としての信頼を勝ち得ることはできますが、それを目的として所有するものではありません。年会費がしっかりかかる分、得られる安心感があるのです。利用限度額も一般カードの50万円から300万円にまで引き上げられますので、ショッピングの幅も広がります。ある程度安定した収入を得ているのであれば、入会を検討されてみてはいかがでしょうか。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。