ニンテンドー3DS、実売500万台突破 発売から丸1年

販売台数500万台を突破した『ニンテンドー3DS』(任天堂) [拡大する]

販売台数500万台を突破した『ニンテンドー3DS』(任天堂)

 ゲーム情報誌を発行するエンターブレインは20日、携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』(任天堂)の国内累計販売台数が500万台を突破したと発表した。昨年2月26日の発売開始から今月19日までの約1年間、発売52週目で推定累計507万5956台を売り上げた。

 3DSは発売初週で約37万台を販売したが、東日本大震災の影響やキラーソフト不足に悩まされ売れ行きが鈍化。昨年末に向けて徐々に盛り返し、12月に『マリオカート7』(任天堂)、『モンスターハンター3(トライ)G』(カプコン)らキラーソフトが相次いで登場すると売れ行きに拍車がかかった。12月11日に累計300万台を突破後、わずか2週間で100万台を売りあげて同25日には400万台を突破していた。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について