ホンダ、情報提供サービスを活用した防災・減災への取り組み強化を発表

ホンダ『インターナビ』を活用した防災・減災への取り組み(防災・減災情報) [拡大する]

ホンダ『インターナビ』を活用した防災・減災への取り組み(防災・減災情報)

 ホンダは14日より、同社の自動車向け次世代情報提供サービス『インターナビ』を活用した防災・減災への取り組みを強化したと発表した。インターナビ・システムを通じて収集した自動車通行実績情報を「Google災害時ライフラインマップ」へ提供したほか、同社の四輪車オーナーであれば誰でも利用できる「インターナビ・リンク」のスマートフォン用アプリケーションに防災・減災情報を追加した。

 新たに追加されたスマホ用アプリの「防災・減災情報」は、日本気象協会から提供される震度5弱以上の地震情報や津波情報、豪雨地点予測や路面凍結予測情報など災害に関する情報を受信した場合、アプリケーション画面上に表示し警告するサービス。Android端末に対応しており、iPhoneは後日対応する予定。

 『インターナビ』の自動車通行実績情報は東日本大震災発生直後よりGoogleEarth、Google Crisis Response、Yahoo!地図などに提供。使用可能な道路の情報収集を行い公開することで被災者の移動や被災地に向かう支援者の“道しるべ”となり、2011年のグッドデザイン大賞を受賞した。同社は昨年12月に新プロジェクトを立ち上げており、会員以外も利用できるさまざまな情報提供サービスの可能性に取り組んでいる。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について