2023年06月09日 17時00分

ネットバンキング顧客満足度ランキング、「イオン銀行」2年ぶり4度目の総合1位

顧客満足度の高い「ネットバンキング」とは?(画像はイメージ) [拡大する]

顧客満足度の高い「ネットバンキング」とは?(画像はイメージ)

 顧客満足度調査を実施する株式会社oricon MEは6月1日、『ネットバンキング』についての満足度調査「2023年 ネットバンキングランキング」を発表。調査の結果、【イオン銀行(株式会社イオン銀行 本社:東京都千代田区)】が2年ぶり4度目(※)の総合1位を獲得した。また2位には【福岡銀行(株式会社福岡銀行 本社:福岡県福岡市)】、3位には【三菱UFJ銀行(株式会社三菱UFJ銀行 本社:東京都千代田区)】がランクインした。

※2023年、2021〜2019年

 『ネットバンキングランキング』は、銀行のインターネットバンキングサービスに、1ヶ月に1回以上ログインしている全国の6,057人からの回答をもとに発表。総合1位の【イオン銀行】は、評価項目別「付帯・連携サービス」「ネットバンキング手数料」で2位、「問い合わせのしやすさ」で3位と上位にランクイン。さらに、地域別部門「近畿」では1位を獲得している。

 実際の利用者からは、「手数料が手ごろで、住所変更などの手続きをストレスなくできる(40代・男性)」「振込が時間等も気にせず、窓口まで行かずにできる。普通預金の利率がいい。手数料がかからない(60代以上・女性)」「WAONやイオンカードセレクトの連携で、普通預金の利率が他行よりも良い(60代以上・女性)」といったコメントが寄せられている。

<受賞コメント>
《2023年 オリコン顧客満足度(R)調査 ネットバンキング 総合1位》
株式会社イオン銀行 代表取締役社長 小林 裕明氏
「この度は、「ネットバンキング」ランキング 総合第1位という評価を頂き、誠にありがとうございます。このような高い評価をいただいたこと、大変嬉しく思います。

弊社は、社会環境の変化やデジタル技術の進化により多様化するお客さまのニーズや、日頃ご利用いただくお客さまからの声にお応えするべく、インターネットバンキングサービスにおける機能や取扱いサービスを拡充するとともに、UI/UXの改善に柔軟に取り組んでまいりました。その結果、今回の受賞に繋がったと考えております。心より感謝申し上げます。

今後も、店舗やWEB・アプリ等リアルとオンラインをシームレスにつなぐことで、商業と金融を融合した幅広い金融サービスを提供する、イオン銀行ならではの顧客体験価値を向上させてまいります。引き続き、イオン銀行をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます」

 なお2位の【福岡銀行】は、昨年の総合8位からランクアップ。評価項目別では「手続き」「付帯・連携サービス」「システムの安定性」「問い合わせのしやすさ」の4項目で1位を獲得した。総合3位の【三菱UFJ銀行】は、評価項目別「システムの安定性」が2021年から3年連続1位となったほか、地域別部門「関東」では2年連続の1位を獲得している。

【2023年 オリコン顧客満足度(R)調査 ネットバンキング】

1位 イオン銀行 70.8点
2位 福岡銀行 70.7点
3位 三菱UFJ銀行 70.4点
4位 SBI新生銀行 70.3点
4位 八十二銀行 70.3点
4位 三井住友銀行 70.3点
7位 埼玉りそな銀行 70.2点
8位 広島銀行 69.5点
9位 りそな銀行 69.4点
10位 千葉銀行 69.2点

※11位以降は「オリコン顧客満足度(R)」公式サイトをご覧ください。

■ランキング発表日:2023/06/01 
■調査期間:2023/01/19〜2023/02/08
■サンプル数:6,057人
■規定人数:100人以上
■調査企業数:108社
■定義:金融庁に登録されている銀行が提供している、インターネットバンキングサービス(インターネットを通じて預金の残高照合、入出金照会、口座振替などを提供するサービス)。なお、「商業施設との連携を主体にする銀行」のイオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行も含む。ただし、ネット専業銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫のインターネットバンキングサービスは対象外とする
■調査対象者 性別:指定なし 年齢:18〜79歳 地域:全国
条件:銀行のインターネットバンキングサービスに、1ヶ月1回以上ログインしている人

オリコン顧客満足度(R)ランキングは、実際にサービス・商品を利用したことがあるユーザーを対象に実施した「満足度調査」の結果。“満足を情報化する”を理念に、2006年より日本最大級の調査規模で展開している。多項目による調査を独自に行い、その結果をサイト上で発表。日本で流通しているサービスや商品に対して、消費者の選択を容易にすること、それらを提供する企業の成長に貢献することを目指している。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について