思わず走りたくなる「運動会の定番ソング」、1位はあのCM

■ランキング表はこちら

 運動会の季節になると、近所の学校から聴こえてくる懐かしいあの曲。聴けば、運動会の楽しかった記憶を一瞬にして思い出す。そんな「運動会で流れる曲と聞いて、思い浮かぶ曲」をテーマに、オリコンが中・高校生から、40代の世代にわたってリサーチ。結果、今にも走りたくなるような、定番の曲が上位に登場した。

 総合、男女別、世代別を全制覇したダントツの1位は、【天国と地獄】。30代以上には、あのカステラのCM曲といえば、ピンと来るはず。「かけっこと言えばこれ!」(東京都/20代社会人/女性)、「急がなきゃ! というテンポの曲」(神奈川県/20代社会人/女性)、「この曲を聞いて張り切ったので」(東京都/20代社会人/男性)など、競技のテンションを最高潮に演出する曲という声が圧倒的だった。

 続く2位は【クシコスポスト】。入退場から徒競走やパン食い競走まで、幅広く使われるこの曲はゲームソフト『ヨッシーのクッキー』などの挿入曲としても有名。「これから走る!という緊張感が沸いてくる」(大阪府/30代/男性)、「なんだか気持ちがはやります」(愛媛県/40代/女性)と、こちらもリレーや徒競走などの競争心をあおった印象が強いようだ。

 3位にはZARDの【負けないで】が堂々ランクイン。「徒競走の時に『♪ゴールは近づいてる♪』と流れるとすごく盛り上がるから!」(東京都/中・高校生/女性)、「必ず流れるし、がんばれる気がする」(愛知県/20代社会人/男性)と、もはや定番の応援ソングとして多くの支持を得ているようだ。

 以下、4位の爆風スランプ【ランナー】は、「『走る〜走る〜♪』のイメージです」(東京都/専門・大学生/女性)、ポピュラー音楽のカバーでも知られる5位の【剣の舞】は、「リレーで必ずと言っていいほど流れていた」(広島県/20代社会人/女性)といった意見が大半を占めた。

 運動会の定番ソングに共通するのは、なんといってもそのテンポの良さ。競争心を駆り立て、今にも走り出したくなる定番の楽曲たちは、今年の秋も運動会を大いに盛り上げてくれるだろう。

(07年9月13日〜9月18日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中高生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の、男女各100人、合計 1000人にインターネット調査したもの)


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について