ホワイトデー、男性からも“世話クッキー”?

■ランキング表はこちら

 本日3月14日はホワイトデー。バレンタインにチョコをもらった男性がそのお返しをする日という意識が根付いているが、実際のところどんな日だと思っているのだろう? オリコンが中・高校生〜40代の男性を対象に「ホワイトデーの意識調査」を行ったところ、1位は【もらったチョコのお返しをする日】(55.0%)と予想を裏切らない結果に。一方、3位には【日頃お世話になっている女性に、感謝の気持ちを示す日】(16.6%)という意見がランクインした。最近のバレンタインデーで一般化してきた“世話チョコ”に習い、ホワイトデーには、男性がお世話になっている人に自発的に贈る“世話クッキー”なんていうのが登場する日が来るかもしれない。

 【日頃お世話になっている女性に、感謝の気持ちを示す日】に寄せられた主なコメントは、「日本人は遠慮をするのでこういった機会を作るのはいいことだと思う」(兵庫県/20代社会人)、「リーダーをしていて、ついて来てくれている感謝があるため、心ばかしのお返しを」(千葉県/中・高校生)など。ホワイトデーに背中を押され、日頃思っていてもなかなか言えない感謝を表したいという意見が多数寄せられた。最近、男性の女性化という言葉をよく耳にするが、ホワイトデーに関してはいい意味で女性化しているといえそう。

 半数以上の票を集め、1位となった【もらったチョコのお返しをする日】。「そういうものでしょう」という意見のほか、「本命であれ義理であれ、受けたら返すべきなので」(北海道/30代)のように義務感を感じている男性が多いようだ。また、一方では「もらったチョコ以上の金額のものをお返ししないとならない日です」(埼玉県/40代)と使命感を持っている人も。

 2位には、「いつも妻にはいろいろと感謝しているから」(福井県/40代)などの意見を集め【彼女や奥さん、パートナーへの愛情・感謝を示す日】(37.6%)がランクイン。「恥ずかしいことも、この日なら言える」(神奈川県/専門・大学生)との声や、上記3位の結果を見ると、普段はなかなか言えないけど、常に感謝の気持ちを持っている男性も多いようだ。

 そんな中、【特に気にしていない、なくてもいい日】は13.6%で4位に登場。「めんどくさい」、「お返し考えるのが大変だから」という声も集めたが、せっかくのホワイトデー、男性はこのイベントを有効に使ってみてはいかが?

(2月17日〜2月20日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中高生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男性、各100人、合計500人にインターネット調査したもの)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について