八王子が似合う有名人、「サブちゃん」「ユーミン」「ナヲ」?


写真を拡大する
北島三郎(07年8月21日、映画『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』完成披露試写会での様子) 


写真を拡大する
松任谷由実(07年10月23日、『Yuming Films Project』完成披露試写会・舞台挨拶での様子)

■ランキング表はこちら

 東京の西部、多摩地区にある八王子。1978年に中央大学のキャンパスが八王子に移転したのを筆頭に以降大学の移転が相次ぎ、学園都市としての認知が高まった。人口に対して若者が占める割合が大きく、また、自然や動植物に触れることができる高尾山や、1年を通してプールや遊園地で遊ぶことができるレジャー施設・東京サマーランドがあることでも有名な街だ。オリコンでは、そんな『八王子が似合う有名人』についてリサーチ。その結果、「男性部門」1位は【北島三郎】、「女性部門」1位には【松任谷由実】がそれぞれランクイン。主な回答を見ていくと、どうやら八王子に馴染みの深いことがわかった。

 「男性部門」1位は、“サブちゃん”の愛称で親しまれる【北島三郎】。北島は、03年に、八王子の観光資源の魅力を広く紹介し、イメージの向上を図る“八王子観光大使”に任命されたこともあり「八王子といったらこの人しか浮かばない!」(神奈川県/30代/女性)などの意見が多数。

 同じく「女性部門」1位は【松任谷由実】。八王子出身、多摩美術大学に通っていた経歴を持つ彼女には「八王子が生んだ歌姫」(栃木県/40代/男性)、「“ユーミン=八王子”なので」(東京都/40代/女性)との意見が集中。八王子に馴染み深い2人が1位を独占する結果となった。

 続いて「男性部門」2位は、こちらも八王子出身の【ヒロミ】。3位には、ヒップホップユニットの【FUNKY MONKEY BABYS】がランクイン。彼らも同様に八王子を中心に音楽活動を展開していたことから票が集まったようだ。また、「歌詞にも出てくるので」(東京都/20代/女性)とあるように、彼らの歌には多々八王子が登場している。

 そのほか、4位は「八王子出身ということで浮かんだ」(東京都/30代/女性)との声を集めた“タッキー”でお馴染み【滝沢秀明】。また「女性部門」4位には、アニメ『DEATH NOTE』の主題歌などで知られるマキシマム ザ ホルモンのドラマーで、ボーカルも時々担当する【ナヲ】。インディーズ時代から八王子を拠点に活動、今では全国区で活躍する人気で、アルバム『ぶっ生き返す』は最高5位をマークするほどに。そんな知名度上昇中の状況が今回の調査にも反映された形だ。

 過去に行った『○○の街が似合う有名人ランキング』では、比較的街の雰囲気と合うからという理由で選ばれていたが、今調査を振り返ると、実際に八王子に馴染みの深い面々がランクインしており、八王子が育てたスターの多さが伺える結果となった。

(08年2月22日〜2月26日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の10代、20代、30代、40代の男女、各250人、合計2,000人を対象にインターネット調査したもの)



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


■ヒット曲満載&好評配信中!!
着うた(R)/着うたフル(R)
松任谷由実/ FUNKY MONKEY BABYS

着信メロディ
北島三郎/ 松任谷由実/ FUNKY MONKEY BABYS/ タッキー&翼/ マキシマム ザ ホルモン/

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について