Gacktの音声ソフト、7月末発売決定

■作成中のイメージ画像はこちら

 ミュージシャン・Gacktの声を元に制作された音声合成ソフト『がくっぽいど』が7月31日(木)に発売される。自分のオリジナル楽曲を、Gacktの歌声で再現できる同ソフトには、彼の風貌を漂わせるキャラクター“神威(カムイ)がくぽ”も登場。これは漫画『ベルセルク』などの著者で知られる、三浦建太郎氏の描き下ろしだ。 

 音声ソフトにボーカルパートのメロディと歌詞を入力すると、Gacktの声質を持ったままの歌声が作成でき、さらに「音量」「ピッチ」「明るさ」「口の開き具合」「ビブラート」なども自由に調整可能。声質を女性的、男性的に変化させたり、メインボーカルのほか最大16人のバックコーラスの作成も出来てしまう優れものだ。

 サンプルとしてGacktが作成したオリジナル曲2曲と、その他3曲を収録予定。同ソフトは、動画投稿サイトなどで話題を呼んだ音声合成ソフト『初音ミク』と、同じ“VOCALOID2”という技術を採用しており、“みっくみく”に続く“がっくがく”現象が期待される。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
Gacktの着うた(R)/着うたフル(R) / 着信メロディはこちら



オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について